ガソリンスタンドアルバイトは危険物取扱者にチャレンジ

「働く魅力劇場inガソリンスタンド」とは?ガソリンスタンドのアルバイトの魅力やメリット、仕事内容、特徴などを紹介するサイトです。

特集記事

人気の危険物取扱者を取ろう

ガソリンスタンドで働く人に必要な資格として人気なのが「危険物取扱者」です。今回は危険物取扱者とはどのような資格なのか、試験の詳細やガソリンスタンドで働くことにどう関係してくるのかなどを紹介していきます。

LINEで送る
Pocket

「危険物取扱者」という国家資格

人気の危険物取扱者を取ろう

ガソリンスタンドや化学工場などではガソリンや灯油やベンジンなどたくさんの取り扱いが危険な物質を扱う機会があります。これらの危険物を扱うために必要な資格が「危険物取扱者」です。ガソリンスタンドで働くために絶対に必要な資格かといえばそうではありません。ただし危険物取扱者の資格がないと、ガソリンの給油など危険物を扱う仕事をすることはできません。
ガソリンスタンドには必ず危険物取扱者の資格を持っている人が必要で、オーナーやガソリンスタンドの正社員の多くは資格を持っています。資格を持たないアルバイトは給油中に窓を拭いたりゴミを捨てたりその他の雑用をこなすことになります。このように書くと資格を持っていないとアルバイトをしにくいように思われるかもしれませんが、これらの雑用の仕事が実はとても重要で仕事量もたっぷりあるため、アルバイトの必要性が変わるものではありません。

人気の「乙種4類」

危険物取扱者は「国家試験」です。詳しく見ていくと「甲種」「乙種」「丙種」の3種類の資格試験があります。甲種は危険物すべてを扱うことが出来るうえ、危険物を取り扱っている人の監督役もすることができる上級の資格です。乙種は6種類に分かれていて、種類ごとに扱う危険物が変わります。
特に人気があるのは「乙種4類」です。4類にはガソリン、軽油、灯油といった、身の回りにある燃料が振り分けられており、商売に必要な危険物が集中しているからです。ガソリンスタンドの店員やアルバイトもこの乙種4類を取得することになります。また甲種と同じように危険物を取り扱う時の監督役になることができます。丙種はガソリンや軽油などを扱うことができますが、監督役になることはできません。つまりガソリンスタンドには甲種の資格を持った人、もしくは乙種4類の資格を持った人が1人以上いる必要があり、その監視下においては丙種の人も給油のサービスを行うことができるということになります。

試験の日程や出題方式について

危険物取扱者の試験は4月から9月の前期と10月から3月の後期試験に分かれています。この期間中に1回から数回の試験を受験することになります。出題方式はマークシートで、合格するためにはすべての出題科目の6割以上の正解率が必要です。乙種と丙種には受験資格に制限がないのでいつでも受験することが可能です。甲種の場合は大学で化学に関する学科を卒業、または科学に関する単位を15単位取得済み、乙種に合格し2年以上の勤務実績があることなどいろいろな制限があります。少なくともアルバイトを始めてから2年以上はこの資格を取ることはできません。